アルティミット工法は長距離、急曲線推進工事を円滑に施工するため、従来の泥水式、土圧式工法を基に多くのシステムや装置から構成されています。
さまざまな施工条件に合わせた最適なシステムを選択でき、安全・確実で効率の良い推進施工を提供できます。

構成図 周面抵抗力の低減 長距離推進への対応 品質・精度の確保 トータルコストダウン、工期短縮 急曲線への対応、曲線造成 環境保全、掘削安全管理

周面抵抗力の低減

アルティミット滑材注入システム(ULIS)滑材注入は、地山と管の周面抵抗力を減じるとともに管周面地盤のゆるみ防止を目的とします。ULISには次二つの方式があります。…

続きを読む

長距離推進への対応

特殊拡幅リング面板からの泥水や添加剤の一部が、特殊拡幅リングの溝を通って掘進や推進管の周囲に安定剤として充填されることで、周面抵抗力を低減します。面板選択…

続きを読む

品質・精度の確保

リアルタイム計測システム推進精度をリアルタイムで自動計測することにより測量の簡素化と精度維持を同時に行い、工期の短縮を図ります。掘進機の向きを示す方位計測にはトンネル用高…

続きを読む

トータルコストダウン、工期短縮

多段式推進装置を標準装備とすることでストラット等の入れ替え時間等のムダを省き、また連続掘進とすることで周面抵抗力の上昇と周辺地盤への影響を防止することができます。その他、施工条件…

続きを読む

急曲線への対応、曲線造成

センプラカーブシステム「シミュレーションソフト」にょり選定された形状の推進力伝達材を、推進管継手部の上下または左右対称位置に配置することにより、急曲線施工や多曲線施工でも…

続きを読む

環境保全、掘削安全管理

中央集中管理システム立坑に備え付けた遠隔操作盤にて機内状況をテレビモニターや各計器類を通じ監視し、あらゆる操作を遠隔で容易かつ正確に行うことを可能にします。アルテ…

続きを読む